« 2016年9月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月27日 (火)

【ピアニスト女子会】

桐朋の同級生ショウコがロンドンからの一時帰国、カーコと3人で中華ランチしました。
2人ともお子さんがテニスのプロ!
本人も国際的、私は刺激を貰うばかりです。
カーコが体調崩してたので心配しましたが、元気そうでほっとしました。病気や介護の話、尽きない年頃になっちゃいました。

〔レコード芸術〕12月号の《演奏家の脱帽ディスク The Players Selection》というページに載りました!音楽家が順番にお友達を紹介すというページで、その人が影響受けたCDなどについて語るコーナーです。私はマエストロ佐藤まささまのご紹介。でも残念‥このコーナー、私で最終回だったようです。
学術的なことは何も話せないし‥と思いつつ向かった音楽の友社でしたが、絶対オススメのCD、アンソニー:ロルフ ジョンソンとグラハム:ジョンソンの〈シェイクスピアの詩による歌曲集〉を手にしたら、いろいろ喋りまくってしまいました。主にサイトウキネンで出会ったアンソニー=トニーについてですが、それでも私自身の変化が音楽を聴く上でも想像以上の距離の変化を生んでいることに改めて驚き、いい時間を持てました。音友のイワナガさん、まさくん、貴重な時間をありがとうございます。
Img_0685
Img_0683

【黒田博バリトンリサイタル】

タイトルとは全く関係なさそうな写真2枚です!

11月23日二の酉で花園神社へ行ってまいりました。2年ぶりですから、熊手も新たな気持ちで主人の会社と、父の残した建物分と2つ買いました。豪勢!
帰りは屋台にも寄らず、いつもの安兵衛で
熱燗とヤリイカのお刺身。オヤジだなぁ~私。

11月26日浜離宮朝日ホールにて
【黒田博バリトンリサイタル】でした。
緊張しましたぁ~。
前半イタリア古典歌曲、後半は日本歌曲。
勢いでは弾けないデリケートなプログラム。
それでも黒田さんの深~いところから湧き上がってくるさまざまな音色と、香り立ちような質の高い集中力に助けてもらいつつ弾きました。
私がサポートしなければならない立場なのに‥!
先日弾いた《メフィストワルツ》以来、私の中の『頑張る容子』と『負ける容子』がハッキリ分かれています。今まで1人なのだから、と分けられずにいたのですが、分けた方がより1人の人間でいることを意識出来るようです。
ピアノの演奏、練習するのはもちろん『頑張る容子』なのですが、本番で『負ける容子』が『表現する容子』に変わって、『頑張る容子』を支配下に置くのを感じられた時、作品に対してただの媒体と化せるような気がします。
そんな夜は『表現する容子』を《負ける容子』に戻すべく、打ち上げ。
この日は主人と意見一致で飲んだ後の〔サッポロ一番みそラーメン〕!それも卵入り!
至福の時でした!
Img0001
Img_0723





【横浜!】

11月16回みなとみらい小ホールにて
プーランク《人間の声》2回公演でした。
マチネは盛田麻央ちゃん、そしてソアレは佐藤美枝子ちゃんでした。
元々美枝子ちゃんと室内オペラシリーズをやりたいねぇ~と言っていたところ、みなとみらいのじゅにあさんがお声がけしてくださって実現しました。
演出の敬一先生、原語指導の小川先生の全面的サポートのおかげで、素敵な舞台になりました。舞台監督の仁さん&橋詰さんの行き届いた舞台回しで、珍しく集中力を保てた私です。ほーッ。短いのに、毎日稽古後帰宅すると、ボーッとしてしまうほど疲れる魂えぐる作品でした。その分魅力も半端なく、終わったらまた弾きたくなる中毒性もあります。
多分来年もどこかで弾きます!

10月31日第二の母とお呼びしている恩師、辛島伃緒子先生の主催する〈YKの会〉。
私はなんとトリ!で〈メフィストワルツ〉と〈ペトラルカのソネット104〉を弾きました。
死刑台に向かう気持ちとはこれかぁ~!というくらいに追い込まれていたこの1カ月、本番はあっけなく終わりましたがなんとか音楽していたようです‥!ほーッ。
やっぱりリストが好きです。
11月20日には先生に80歳をお祝いするパーティもあり、とても楽しい時間を過ごしました!
先生は本当に変わらず、若々しく、しかし誰にたいしても細かい気配りなさることと何に対しても努力なさること、40年も生徒している私にとって眩しすぎるくらい素晴らしいです。
見習わねば~と言いつつ、相変わらず出来の悪い弟子です!
Img_0702
Img_0716_4



 

【松山にてフィガロの結婚!】

ここ何年か芸術監督トッキーより命を受け、四国二期会愛媛支部にコレペティに行っております。
そして今年初めて本番に携わることが出来ました!ありがとうございます。
1月の最初の稽古で、レチタティーヴォセッコを始めた時には、おいおい本番出来るのか‥という状態だったのに、それぞれがよく努力し、磨きをかけ、素晴らしい客演のみなさんのお力も借り、立派に〈フィガロの結婚〉を上演しました。普段は女声ばかりなので、愛媛出身者の男声の若手もたくさん登場。心強い存在の彼らもこれからの愛媛の音楽業界を支えていくでしょう。スター宮本さまも地元を大切になさってて絶大なる人気、彼のモーツァルトは無駄が一つもなく素晴らしい!麻貴ちゃんの可愛いスザンナも光りました。
美味しいものやお店もたくさんありがとう!
佑弥は立派なデビューでした。ますますこれからを期待です。
演出助手、ケイコさんの縁の下の力は凄まじいものでした。

観劇に来た主人は初四国に興奮!
美味しいものも堪能、写真撮りまくりました。
次回は建物だけでなく道後温泉のお風呂を楽しみたい、ですって。
Img_0673
Img_0680





52回目のお誕生日!

皆様
おかげさまで本日52回目のお誕生日を迎えましたぁ~!
昨日札幌にて『ガラコンサート&リタ』本場を終え、打ち上げには主催アッちゃんの同級生、別現場のマエストロマイクさんもいらして、有意義なお話聞けました。ホテルに帰って、諸々を松山にいる指揮の師匠トッキーと長電話。今朝は1番にマエストロカズさまからお祝いのメールいただきました。音楽の要を担うマエストロに囲まれてる!と勝手に思い込みつつ、この1年も頑張るぞぉ~と思います。
まぁそれが、私が指揮を振っていいということと全く関係ないですが‥トホホ‥!
昨日の本番に同級生美菜子さんが突如現れ久しぶりの再会に胸踊りました。
彼女はメチャメチャ若く‥私は反省です‥もう少し美しくいる努力をせねば!
~といいつつ、初めて《空弁~うに&カニ&イクラ弁当》を購入、機窓からは富士山が!
私の誕生日である10月2日に傘を持ったことなく人生過ぎています。
秋晴れ、大好き!
そしてこの1年は久しぶりに主人と海外旅行を計画して、それを自分へのお誕生日プレゼントにしようと思ってます。
Img_0659
Img_0660





 
 

指揮活動

愛知県芸50周年記念オペラ「ラボエーム」の現場にて、副指揮として指揮をしている写真がFacebookで公開されたようです!
ベノア&アルチンドロを歌われている初鹿野先生が撮ってくださったナイスタイミングです。
最近ピアノを弾くと言う技術と指揮すると言う技術の違い、それとは別に音楽をすると言う事についてよく考えます。
マエストロがオケピットのバランスを聴くため、
HPをほんの少し振らせていただきました。
音楽を先行する感覚、オケ全てに気を送る感じが、少しわかりました。
経験するということは大事ですが、機会を見つけるのが大変なのが指揮だなぁと思います。
大先輩の指揮者をたくさん近くで見ているはず、でも新人指揮者はまだ本当の怖さを体感していない。
音楽を奏でることと、音楽を引き出すこと。
もう少しあれこれ勉強したいです。
Img_0625


2台のピアノの物語

9月2日サントリーホールブルーローズにて
『服部容子&冨平恭平~2台のピアノの物語vol.4』開催いたしました。
今回も多くの方に聞いていただき、感無量です。
ありがとうございます!
中高校の同級生も来てくれました。
なんと担任だったミイ先生も来てくださり
お目にかかると若返った気分です。
今回は間際が忙しくなってしまい
いつにも増して怖い本番でした。

このところよく考えることは
『音色とタイミング』の関係です。
指揮の勉強を始めて強くこのことに関心があります。
音色はいいがタイミングの悪い演奏、
タイミングはいいが音色の乏しい演奏。
どちらもいただけない。
タイミングが音色を生むし
音色がタイミングを決める。
でもなんだかそれが別々に動いているような‥
漠然と、でも強く何かが私を誘っています。
Img_0620


« 2016年9月 | トップページ | 2017年1月 »